板橋区議会議員 南雲由子板橋区議会議員 南雲由子

2021年11月18日

【板橋区民の皆様へ】

木下ふみこ氏の一連の件について、多くの皆様にご迷惑・ご心配をおかけしておりますこと、改めてここにお詫び申し上げます。
私は 2017年木下氏の初当選以降、区議と都議として交流し、2021年の都議会議員選挙の際にも応援しました。
私が木下氏を応援した理由は、改革保守的な都民ファーストの政治的立ち位置に共感したためと、特に子育てや女性活躍について、民間感覚を持ちつつ女性ならではの視点で区民・都民の声を代弁する議員が必要だと考えたためです。
7月5日に報道で知るまで、私は無免許や当て逃げの事実も知らないまま木下氏を応援していました。私は党も無所属で、木下氏のプライベートでの行動全てを把握してはおらず、関知する立場にもありませんでした。
7月5日に私のホームページでお伝えした通り、選挙中の7月2日に接触事故を起こしたことは、私は木下氏本人から聞いて把握していました。しかし、無免許や当て逃げの事実は本人から全く聞かされていませんでした。私は当日も選挙の応援はしていましたが、事故に関しては木下氏個人しか対応できないため、事故当日、警察や被害者の方、保険会社などへの対応は木下氏本人に任せ、一切関与しませんでした。その後木下氏本人から適切に事故の処理をしたと聞いたので、応援を続けました。
 
しかし、その後報道で木下氏の無免許や当て逃げの状況を知り、また公の場で区民・都民の皆様へ直接、謝罪や事実の説明をしない姿勢を見て、心から失望しています。
それだけでなく私が選挙の応援をしたことで、有権者の皆様のご判断に影響を与えるようなことをしてしまい、大変申し訳なく思っています。
 
私は板橋区民のために、今後とも全力で仕事をしていきたい所存です。引き続きどうぞよろしくご指導ください。