板橋区議会議員 南雲由子板橋区議会議員 南雲由子

2016年06月28日

【会派視察 妙高市】#5 国立青少年自然の家

今回の視察のテーマは「教育」。
小学5,6年生の移動教室など青少年の自然教育の可能性について、板橋区と防災でも縁が深い妙高市へ伺っています。
妙高市にある国立青少年自然の家を見学し、
次長・桑山さんにお話を伺って、目からウロコ!
自然教育が「教育」で、学校以外の場での学びの可能性なのだとブレイクスルーするような感覚でした。

13522052_535012086685283_158010671656889456_n
桑山さんいわく、
「今の世の中は答えがない中で、納得解を出していくということが重要。」
そこで「びっくりランチ」というプログラムが行なわれているとのこと。
お肉、野菜など材料が適当に用意されていて、グループで話し合ってメニューを決めて作る。何ができるかはわからないそうです。
最近、大学生の就職活動の面接やインターンなどでそういう問題が出たり、
創造性やコミュニケーション能力を求められることがあるような気がしますが、それを小中学生のうちから自然の中で学ぶことに大きな可能性を感じます。
びっくりランチで生まれる「納得解」こそ、民主主義なのではないかとも思います。
「成果が目に見えにくいが、子どもの目の色が変わった、とかが成果」
うまく文章にまとまりませんが、板橋区に持ち帰ってじっくり消化したいと思います。
13494873_535012093351949_7255591121578082541_n 13522060_535012123351946_3393640360038196600_n