板橋区議会議員 南雲由子板橋区議会議員 南雲由子

2015年02月10日

茅ヶ崎の知的障害者施設へ

今日昼間は、ずっと続けている美術ワークショップ講師の仕事で、
茅ヶ崎の知的障害者施設へ行ってきました。
春の挑戦に向け3,4月はお休みを頂きますが、今日から新しいプログラムで、
5月以降にまた活動する予定です。
この活動は南雲由子個人として今後も長く続けていきたいと思っています。
ーーー
メンバーさんにデジカメをお渡しし、写真を撮影して頂くプログラム。

「アンパンマンカメラ」も試しましたが、結局
福祉の仕事をしている友人から、障害があるとはいえ「大人」であるメンバーさんが「子ども扱い」という感じを受けるのではという指摘を受けたのと、
動画も撮れてmac
PCにも対応している、Vtech社「Kidizoom」(1台¥4000くらい)というカメラを用意して活動しました。
「ファインダーをのぞく」と「シャッターを押す」という二つの動作が
なかなか一緒に出来ず苦戦しましたが、
プロの写真家がどんなに狙っても敵わないような独特の視点、
なんだかおしゃれで唸るような写真がたくさん撮れました。
私は美術療法や美術による治療的効果の専門家ではありませんが、
メンバーさんに言語以外の表現手段が一つでも多く提案できればいいという趣旨でこのワークショップを続けています。
「土曜日に施設の行事で出かけるから、カメラを持っていきたい」と
言ってくださるメンバーさんもいて、
可能性が今日ひとつ広がったなら嬉しいなと思いました。
このカメラは動画も撮れるので、
いつかメンバーさんみんなで映画を撮りたいと秘かに思っています!
10505527_10152751805398667_6209689700608926963_n