2020年12月18日

【「逆公募プロポーザル」がひらく新しい公共】

議会がひと段落して、ここ数日は事務所でご相談やレポートを整理しています。

今日夜は、週一ペースで運営スタッフをしている全国の自治体議員向けオンライン勉強会「public LABセミナー」で、公民連携の新しいサービスについて学び、グラレコを描きました。

行政と企業が目線を合わせて
社会課題を解決する未来へ!!

企業側が出した「お題」に対し、
自治体が手を挙げて、まずは一緒に考える。

一緒に考えた答えは
自治体と企業が一緒に事業をやる場合もあるし、
アイデアを企業側が形にしていく場合もあって、
その費用は企業から自治体への寄付という扱い。

新しい試みを学び、とてもワクワクしました!

これから続々と出される「お題」に注目しつつ、
議員として公民連携のセンスと知識を磨き、
板橋区での課題や若い区職員とのアイデア実現に活かしていきます。

131929554_1581166602069821_5542844778027451964_o

前の記事へ
トップへ戻る