2020年11月14日

【コロナ禍の文化について市民勉強会に登壇させて頂きました】

 

今日は「チェンジ国政!板橋の会 志村小豆沢ブロック」の勉強会にお招き頂き、
区内プロ劇団「荒馬座」の金子満里さんと共に、お話しをさせて頂きました。

このテーマで区内で話すのは実は初めて。
いつもより年齢も高め、政治や市民運動に詳しい方が多い会でしたが、議員になる以前のこの写真からスタート 笑

まちづくりと結びついたアートとは?
板橋区政になぜ文化が必要か?

に特に時間を割いてお話ししました。

会場に来てくださった衆議院議員や日々いろいろ教えて頂く区議会議員、また参加者の方から

「南雲さんがアーティストだとは知らなかったけれど、南雲さんの質問はいつもその立場の人の目線になって投げかけるから、わかりやすい」
「面白かった。ワクワクした!」
ほか議論や深い感想も頂けて、私自身楽しめました。

内容は、こちらの記事に深くまとめて頂いています。
https://publab.jp/2020/09/12/2028/

125435885_1554067598113055_250506708401672169_o

前の記事へ
トップへ戻る