2020年11月08日

【子どもの権利と タイムカプセル】
4年前の、私にとって忘れられない
あるお父さんからのご相談。

事務所でお話しを聞いて、
子ども家庭支援センターに同行しました。

ご相談の内容は
あまりに生々しく、辛かったけれど、

私の記憶に焼きついていて、
議会で児童相談所や子どもの権利について
議論する際に、ずっと側にありました。
ーーー

昨日、NPOリービングケア草の根会さんの勉強会「dialogueの会」に、子どもの権利条約について学びに伺って、講師でいらしたのは、なんとそのお父さん!

自身の経験も活かして、
国連NGO「CRC日本」のメンバーとして、
当事者の子どもたちと国連の会議でプレゼンをし、国連から日本への子どもの権利に関する勧告を引き出したり、

別居親のための自助グループや、
面会交流NPOを運営したりなさっているそう。
ーーー

コロナ禍で子どもと家族に関するご相談が多く、
特に今週は、どうしても幸せになって欲しいママと子どもへ、私自身も悩んでなやんで、心を砕いていたのもあって、

その方のご活躍と、今のお子さんとの関係を聞いて、ボロボロ泣いてしまいました。

子育てと、家族の糸が絡まり合ったときのサポートは、政治でしくみから変えなきゃいけない!

その森本京介さんが語る子どもの権利とは…

どういう形であれ、子どもが発した「ねぇねぇ見て!」を、「なぁに?」と受け止める大人がいる環境で、子どもが育つこと。

123691392_1548844775302004_6188308903684503776_o

前の記事へ
トップへ戻る