2020年10月01日

【PomeLo for HongKong/香港から市民参加の政治を考える自治体議員連盟をはじめます】

この度「香港から市民参加の政治を考える自治体議員連盟」(略称:PomeLo for HongKong)を立ち上げ、共同代表をさせて頂くことになりました。

ポメロとは、香港でもマンゴーと合わせたスイーツにして食べられるフルーツの名前です。

戦う感じではなく、勉強会などに政治家以外の市民や若い世代にもカジュアルに参加してもらえるように、「略したら、なんか、香港の食べ物の名前になるといいなぁ」と名付けました。

120362635_1514863205366828_4835278106453905935_n 120274152_1514863228700159_4909288750114338275_o 120480438_1514863215366827_5157203082934632499_n

 

 

 

 

 

私は香港に行ったことがないのですが、
美容の仕事をしている香港人の友人が香港に住んでいて、いつもSNSで、香港のきれいな風景や美味しいものの写真を見ています。

自治体議員として外交問題に何が出来るのかなぁと迷う中で、まずは一市民として香港のことを知ったり、香港に関わる人と話してニュースではわからない香港を身近に感じることから、

自分の友人や家族と香港について話したり、
市民参加の政治について話したりすることが、出来ることかなぁと、気負わずベビーステップで議連を始めてみることにしました。

昨年、多摩市議・遠藤ちひろさんの
著書『暮らしの中で「使える」政治:香港の路上はすべての街につながっている』に寄稿させて頂いたことがご縁で、
共同代表を務めさせて頂くことになり、

今日は永田町で国会議員の議連JPACの総会に参加して立ち上げの報告をさせて頂きました。

具体的には、オンライン勉強会にいろんなゲストを招いてお話しを聞くことから少しずつ始めてみます。

◎【ゆる募】ロゴやSNSで使うカバー画像を作ってくださるデザイナー、アーティストの方がいらっしゃれば。ボランティアですが、ご希望に合わせてクレジットを載せます。

・日本語名:香港から市民参加の政治を考える自治体議員連盟
・英語名略称:PomeLo for HongKong
・英語名:project on meeting local parliamentary alliance for HongKong

◎ご興味ある自治体議員の方は、ぜひ目黒区議・西崎翔さんか南雲までメッセージをください。勉強会のご案内などお送りします。

前の記事へ
トップへ戻る