2020年09月28日

【板橋区から「すみません…」が口癖の子育てをなくす!】

今日は文教児童委員会で、陳情(区民の方から正式に出された要望)や補正予算、学校での新型コロナ感染防止策などについて議論しました。

障がい児の保育園&幼稚園受入拡充を求める陳情書の理由に、
「子どもを預けられず、世の中から拒絶されたような思いだった」
「双子や障がい児を産んだ私が悪いからだと自分を責めた」
という言葉が書かれていました。

子育てをしていて自分を責めたり、周りに謝るのが口癖になったりという話は、いろいろな子育てに関するご意見・ご相談でママパパから良く聞く言葉ですが、それは根本から政治で変えていかなきゃいけない。

子育てに正解はない、と社会みんなで思える世の中にしていかなくちゃいけない。

障がい児の保育園&幼稚園については、出来ない理由はまだまだありますが、
インクルーシブ教育を目指す、という板橋区の方向性は引き出せたので、引き続き議論していきます。
120234147_1512234825629666_8734584559483372177_o

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の議題は↓
ーーー
〈陳情審査〉
1.陳情第114号 障害児の就学前集団生活に関する陳情
2.陳情第111号 小中学校の30人以下少人数学級を求める陳情
3.陳情第115号 小中学校給食におけるアレルギー対応改善についての陳情

〈報告事項〉
(1)教育委員会の動きについて
(2)板橋区立小中学校・幼稚園における新型コロナウイルス感染症への対応について
(3)GIGAスクール構想の進捗状況と活用イメージについて
(4)文教児童委員会関係補正予算概要について

前の記事へ
トップへ戻る