2020年08月13日

【ひとり親支援にみる「未来の福祉」】
発信が追いつきませんが、連日オンラインで政策勉強会。

先日8/6(火)は、publicLABセミナー
「ひとり親支援にみる公民連携アプローチ〜自立支援の現場と議会からできること」に、企画&進行役で参加させて頂きました。

講師は、
○江成道子さん(一般社団法人日本シングルマザー支援協会)
○田畑直子さん(千葉市議、ひとり親家庭支援のための地方議員ネットワーク発起人)

で、ひとり親家庭支援について
特に千葉市や相模原市での民間と行政の連携について学びました。

その中で気になったキーワードが、
「未来の福祉」。

ひとり親家庭にお金を渡すだけでなく、
自立支援に力を入れる民間と連携して、
しかも税金はかけない。
福祉分野での公民連携は今まで考えたことがありませんでしたが、強い可能性を感じました。

日頃、区内のひとり親や離婚前の方と、
「経済的にも精神的にも自立した生活を送りたい」と話すのに福祉事務所に行き、感じていたズレやモヤモヤもすっきりして、

議員としてどう実現していくか具体的なヒントもあり、とても勉強になりました。

117445225_1471026999750449_8014542487157742853_n

前の記事へ
トップへ戻る