2020年04月30日

【板橋区で子どもとの自粛が苦しくなったら…】

新型コロナで最前線で働く医療従事者と様々な職業の皆様、また長引く外出自粛を工夫しながら過ごす皆様に敬意を示します。

私自身も子どもとの自粛生活は、予想外の動きや言葉に笑って面白い一方、なかなか仕事モードになれず進まなかったり、怒ってしまったり…

◎子どもの遊び場について

毎日子どもがどう体を動かすか試行錯誤の日々ですが、一方で「車通りの少ない公道で子どもたちが遊んでいて在宅ワークに響く。子どもの声は仕方ないと思うが、親同士が話す声や、入れ替わり立ち替わりなのは改善して欲しい」という意見も頂きました。

子どもが遊ぶ権利をルールで奪わないために、長引く自粛で苦しい中ですが、どうぞよろしくお願いいたします。自戒も込めて。

◎子どもとの自粛生活が苦しくなったら…

子どももママパパも期間が長くなりストレスを感じたり、不安でいつものペースでなかったり、少しずつ疲れが溜まります。

また子どもとだけでなく、パートナーとの関係の中で、自分を責めてしまうこともあるかもしれません。

外出自粛がさらに長引くことも予想される中、
絶対に無理せず早めに、
子ども家庭支援センター 03-3579-2656 へご連絡ください。

板橋区には、子ども自身が相談出来る、子どもなんでも相談 03-3579-2656もあります。

連休明けには臨時本会議も予定されています。
区議会議員として出来ることは何か、悩む日々ですが、まずは一子育て「当事者」として感じる全てをストックしながら、何もしない1日も褒めながら過ごしたいと思います。95369859_1384138035106013_1661291529026666496_n

前の記事へ
トップへ戻る