2020年02月06日

【区議会超党派!医療的ケア児&障害児者支援 視察】#2 尼崎市

昨日今日は一泊で、豊中市&尼崎市に
医療的ケア児の支援について視察に来ています。

超党派の視察は初!
全会一致で区へ働きかけようという現れです。

2日目、尼崎市では、
医療型児童発達支援センターを視察させて頂きました。

・トイレや意思の表し方など、
これから生きていく上で「根っこ」になる力を身につける場所だから、特に未就学児の療育(リハビリや言語などの練習)の環境整備は大切!

・病院ではなく地域で医療的ケア児が暮らすという国の流れがあるが、退院して「あとは母や家族にお任せ」では家族への負担があまりに大きい。
だから、医療的ケア児や障害児を地域で育てる仕組み(地域包括ケアシステム)が必要!

・医療的ケア児の保護者の方が、
「ほかの友達と一緒に遊んだりする環境で子どもを育てたい」と話していました。保育園への受け入れなどを進める必要があるが、一人の子に対し複数、専門家が必要など課題がある。

・「誰も取り残さない」「共生社会をつくる」という強い意志をまず政治が示す必要がある。

子どもたちの様子も見ることが出来て、
これまで学んできたこの事業の大切さが、
感覚的にふに落ちました。

超党派で視察に行けたことで、
板橋区議会の中での議論はグッとスピードを上げて進むのではないか、と手ごたえがあります。

とても有意義な視察になりました。

3C5B40AC-8B4D-4C80-A7D8-02C9765B6495 984DB871-D965-4D5F-B4A1-444FC4695CE3 261DE0A7-6073-4B1B-A317-7B039D2550F3

前の記事へ
トップへ戻る