2019年12月21日

【板橋区の文化と子育て +1】#4

医療的ケア児支援へ会派から区へ申入書を提出しました
先週、今年最後の本会議が閉会しました。
+1は異例の、議会での正確な答弁へ改善を求めて、会派から区へ申入書を提出しました。

詳しい経緯は以下↓
ーーー
今年6月の南雲の一般質問で、
医療的ケア児の実数を質問したところ
「区はまだ把握していない、今後調査する」
との答弁でした。

しかし、その後もしつこく調べていったところ、11月末に、H28に東京都の調査に板橋区が回答した数字の資料を見つけました。

現在の実数ではないものの参考になる数字。
これを無かったというのは、答弁が正確ではありません。

医療的ケア児の質問に答えたのは、福祉部障害者福祉課。H28の資料は別の部署、保健所管轄の健康推進課から出てきました。
部署が違い、4月に人事異動もあったため資料が共有されていなかったことが原因。

しかし民間であればこの答弁で半年間機会を損失しているし、その間も24時間体制で子育てに奮闘している医療的ケア児のご家族がいます。

話し合いを持って、会派から区へ申入書という形で正式に改善を求めました。

医療的ケア児の支援について、
ここ数年が政策実現の勝負どころと思って
強く議会で働きかけていきます。

7839E7B7-D279-4222-842B-844333F89DA5 01401D52-2010-4BB8-99BC-10BE24760659

前の記事へ
トップへ戻る