2019年08月03日

【めくるめく絵本翻訳の世界!】

今夜はいたばし花火大会。あいちトリエンナーレのニュースも話題になっていますが午前中は、

「第25回いたばし国際絵本翻訳大賞」受賞式&「第27回ボローニャ・ブックフェアinいたばし」開会式に参加させて頂きました。

受賞者の方々や審査員のスピーチをきいて、
衝撃の面白さ!絵本翻訳の奥深さ!!

表現と教育と国際交流が重なりあう絵本翻訳の世界。

「言葉で全て説明するのではなく、子ども自身が絵から見つけられるよう、子どもを信じる日本語訳」

「内向きになっている日本で、外国を知ってから日本を良いと思うならいいが、日本だけしか知らず日本が良いというのはどうか。
子どもたちの世界を広げるために、世界の絵本を広めたい」

板橋区が主催するこのコンクールは、
日本で数少ない老舗の絵本翻訳で、
英語部門・イタリア語部門・中学生部門で、翻訳に挑戦する人たちの間で夢を与える存在とのこと。今年も1000件超の応募があり、最優秀作品は出版されました。

さっそく絵本を買って、翻訳大賞受賞者の方にサインを頂きました。

手にとって見られる本展は8/12まで成増アートギャラリーにて。

今年の絵本翻訳大賞の募集は、ホームページから8/22頃から発表されるそうです。
一度挑戦してみたい…
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_oshirase/095/095774.html

67745937_1155898311263321_8167686843777679360_n67656552_1155898321263320_2999881364578238464_n67531376_1155898374596648_4119268335768567808_n67762353_1155898381263314_8807594867317276672_n

トップへ戻る