2019年04月07日

【演説内容② 魅力的なまちづくり】

今日4.7は、成増駅北口と高島平で「板橋区議会press」をお配りしました。

犬も入れる公園についてお話しをしたところ、
聞いてくださっていて、「発達障害などの子どもには犬がいる公園は危険だから反対だ」「飼い主のフンの処理などマナーアップに取り組んで欲しい」など、逆に慎重なご意見も頂きました。

高島平では、区長にチャレンジする松島みちまささんとも偶然遭遇!

街頭ではこんなことをお話ししています。
ーーー
無所属の板橋区議会議員・南雲由子です。
2歳の男の子の子育て中。この4年間、板橋区議会議員として仕事をさせて頂きました。

本日は、小中学生に向けた子ども向けの「板橋区議会press」もお配りしています。ご家族で楽しみながら政治について考えるきっかけになれば幸いです。

板橋区で今、課題になっていることの一つにまちづくりの問題があります。

板橋区では今、大山ハッピーロードの大型再開発や、高島平でも今後30年の未来を見据えたまちづくり、上板橋駅前、JR板橋駅前など大型の再開発がいくつも進められようとしています。

区議会議員の仕事とは、
区役所を一つの会社だとすると区長はその社長で、その区長と区役所が私たちの税金を使ってしっかり仕事をしているかどうか、区民の代表としてチェックをする、いわば外部取締役のような仕事が区議会議員です。

私、南雲由子は無所属で、
全てに賛成でも反対でもありませんが、板橋区のまちづくり、特に高島平のまちづくりの進め方について、住民に秘密にしていることが多い、区民の意見を聞いてもなかなか反映されない、ということについては、議会で厳しく追求をしてきました。

まちづくりでこの春から実現出来たこともあります。
区内の公園で今までは犬と一緒に歩くことは禁止されていましたが、この4月から、緑色のノボリのある公園では、犬と一緒に歩けるように実現することが出来ました。

私、南雲由子は、大型の再開発だけでなく空き家活用や区民のアイデアが活きるまちづくりを進めていきます。

地元蓮根出身、無所属の板橋区議会議員・南雲由子にぜひ皆さまのご意見をお寄せください。

56567341_1077949019058251_288153758230118400_n 56453040_1077949055724914_5789212488729886720_n
56403780_1077949032391583_4251666698442113024_n

トップへ戻る