2018年03月21日

【3.19 パワーポイントで議会で提案しました】

3.19に、議会でパワーポイントが唯一使える
「予算総括質問」に初めて登壇しました。

平日でしたが友人が何人か見に来てくれて、とても嬉しく感じました。
69分(区からの答え含む、予定より速く話して短め…)で、
写真や図をなるべく多く使って、55ページのパワーポイント。

○「東京で一番住みたくなる」まちづくりについて
○待機児童対策と保育の質
について提案しました。
議事録と録画中継は、数日置いて公開されます。

スーツの下に、あえてミッキーのTシャツを着ていきました。
今後も、私自身が一区民として生活する中で感じること、友人たちと普段話していること、区民の方からご意見いただいたことを、全力で、でも少しずつぶつけていきたいと思います。

ダイジェストでまとめると、

1.「東京で一番住みたくなる」まちづくりについて

・区が進める大型ビルの再開発(大山、上板橋駅前、JR板橋駅前)の3枚の完成イメージ図が金太郎飴のように同じことが気になる。どう差別化し、どう魅力的なまちづくりにするのか?
・板橋区が「東京で一番住みたくなるまち」になるには、文化・おしゃれさが必要。「おしゃれなカフェが欲しい」という感覚を、事例を用いて伝える。丁寧に暮らすライフスタイルを求める人に届くまちづくりをすべき。
・「リノベーションスクール」など空き家活用の民間プレーヤを増やす取り組みをすべき。公園の民間活用を進める「パークマネージメントガイドライン」の詳細は?大型ビルの再開発だけでなく、まちを区民が「使う」まちづくりを推進すべき。

2.待機児童対策と保育の質

・私は今年1歳の保活を経験して、当事者として問う。今年の一次選考の状況、来年度までの保育園増の計画は?
・きょうだいが同園で通いやすくするための調整指数が、昨年→今年改正されたが制度に不備がある。図を描いて説明。来年度必ず改善して欲しい。
・保護者から保育の質を高めるために、「おむつの持ち帰りをなくして欲しい」「保育士さんのパソコンを増やして職場環境をよくして、子ども達の環境をよくして欲しい」という声がある。他区と比較したマップや、保育士さんへのアンケートの結果をグラフにして問う。

ーーー
1.「東京で一番住みたくなる」まちづくりについて
(1)大山クロスポイント、上板橋駅前、JR板橋駅前について
(2)文化・ライフスタイルと若者の定住化戦略
(3)空き家活用について
(4)公園の民間活用について

2.待機児童対策と保育の質
(1)待機児童について
(2)きょうだいに係る「調整指数」について
(3)おむつの持ち帰りについて
(4)パソコン増設について

 

 

 

 

29388765_834705416715947_4439251576938299392_n 29389467_834705430049279_4386512831697125376_n29433098_834705470049275_5684905570109227008_n 29388933_834705476715941_1718209737008349184_n 29386433_834705496715939_5261288161111179264_n

前の記事へ
トップへ戻る