2017年11月15日

【子どものショートステイ視察】

出張のたびに、板橋区の「乳児ショートステイ」事業(2歳まで)を利用させて頂いていますが、

今日は、児童擁護施設 松葉の園が運営する、2歳以降の「子どものショートステイ」施設を見学に行ってきました。
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/006/006672.html

2歳〜12歳は、
乳児と同じ値段(宿泊2500円、日帰り1500円)、
トワイライトステイ18:00〜22:00(900円)
なのですが、施設というより、普通のおうちみたいな感じでした。
1日6名まで、最大7日連泊まで。

お着替えやオムツは持っていかないといけないけど、ごはんは保育士さん(か児童支援員)が作ってくれて、お風呂も入れてくれます。

長時間のため、スタッフが少ないときは1名〜2名体制になるのと、看護師さんは付かないけど、乳児ショートステイと違って、当日予約ok!
土日祝も利用できます。

宿泊は「育児疲れ」での利用が比較的多く、
日帰り利用は「仕事」という人が多いとのこと。
2歳や低年齢の子の利用が多くて、お友達と一緒に、という方もいるそうです。

核家族が多い中、
「おばあちゃんち」とか「親戚のおうち」みたいな感じで使えるのかなという感じでした。

また今日の視察で、児童擁護施設の園長先生と、板橋区子ども家庭支援センターの所長さんと、

児童相談所や一時保護施設の在り方について、
国の方針について、家庭や子育てについての課題について、じっくり深い意見交換をさせて頂き、とても有意義でした。

23561550_773245936195229_2204205635138317212_n 23559460_773245939528562_1525923747663983352_n 23561795_773245946195228_497658846086926287_n 23621385_773245952861894_4236778667640705558_n 23518807_773246012861888_1214262991211339485_n 23622474_773246036195219_2291045249065406558_n

前の記事へ
トップへ戻る